スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    本『喋々喃々』
    0
       『食堂かたつむり』の著者、
      小川糸さんの『喋々喃々(ちょうちょうなんなん)』を読みました。



      東京・谷中でアンティークきもの店を営む栞の話。
      恋のこと、家族のこと…

      この本、とても心地良くて
      良かったです。

      描写が丁寧だし、文章が美しい。
      癒されます。

      食に詳しい糸さんらしく
      今回もたくさん美味しいものが出てきます。
      文中に登場したお店はどうやら実在するようなので
      いつか巻末の地図を頼りに
      谷中散歩に出かけてみたくなりました。

      しばらくしたら
      また読み返したいお気に入りの1冊です
      | SALA | 14:51 | comments(2) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 14:51 | - | - | - | - |
        Comment
        素敵な装丁だね
        読んでみたくなる♪
        丁寧で、美しい文章
        ってわたしもチェックポイントだなあ
        最近、文章力のない人もひょいひょい本を出すけど
        味わいのある文章は何度でも読めるよね
        そうでない本は
        トーク番組を聞き流すように楽しんでいるけどっ
        Posted by: oko |at: 2011/09/11 3:40 PM
        ☆okoさん☆

        表紙のイメージ通り
        内容もちょっとレトロな雰囲気が漂っているの。
        糸さんの選ぶ日本語はきれいで憧れ。
        女性らしい丁寧で細やかな描写も心地いいの。
        今は本当に色々な人が本を出してるよね。
        内容が面白ければ
        何でもそれなりに楽しめるけど
        やっぱり丁寧に練られた文章が落ち着くなぁ。
        Posted by: SALA |at: 2011/09/12 11:22 PM








        PR

        Calendar

            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode